【ブスの基準】ブサイク(不細工)ブサイクな人・ブサイクな顔

ブス 基準 恋愛

ブス 基準

ブス 基準

ブス 基準 ブサイク

ブスの基準・ブサイクの基準って?

自分の容姿に自信がないと「自分はブスだ…」「ブサイクはモテないから…」と決めつけて、恋愛にも消極的になってしまいます。しかし、男性が良くいう「ブス」「ブサイク」というのは顔だけで判断しているわけではありません。

では一体、ブスの基準・ブサイクの基準ってどういう基準なの?どんな女性が「ブス」と思われてしまうのかその特徴を調べてみました。

お礼を言えない

何をされても「してもらって当たり前」。「ありがとう」の一言も出てこない…

なんだか自己中心的なイメージを人に与えてしまいます。いくら綺麗な女性だったとしても、これでは男性のみならず、女性からも「性格ブス」認定されます。

笑わない女性

会話や挨拶の際に、微笑んだり、にこっと笑ったりする女性は男性からも好印象です。逆に挨拶でも会話でもにこりともされないとハッキリ言って印象は悪いです。

とびっきりの笑顔をいつも見せる必要なんてありませんが、口角をあげることを意識するだけでも随分と印象は変わって見えるものです。試しに鏡の前で口角を上げた自分と口角が上がっていない自分を見比べてみましょう。随分と変わって見えませんか?

マスクを外す機会も増えてきてより口元の印象が顔の印象を左右しがちです。ぜひ意識してみてくださいね。

肌や髪の手入れがされていない

男性から見て、女性の肌や髪の状態は重要なポイントのようです。目や鼻のバランスが悪くても、肌が綺麗だったり、髪に潤いがあったりすると一気に印象は良くなります。

元々の髪質や肌質にコンプレックスがある方もいると思いますが、今はSNS等でもたくさんケア方法を学べます。少しずつ手入れをすることが大切です。

服装がだらしない

高級なバッグや、高いブランド物の服を着る必要はありません。プチプラでも大丈夫。とにかく清潔感があることが大切です。

汚れがついたまま、伸びきったままのだらしなく見える服はNGです。下着は目に見えないので、なんとなく手を抜きがちになると思いますが、見えないところから発せられるオーラがありますので、下着もゴムが伸びていたり、デカパンを履いていないかチェックしてみてください。

もし当てはまったらファッションを変えることに目を向けましょう。

その際、年齢不相応の服装や、過度に露出した服装に走らないように。それよりも今の自分に似合うものや清潔感があることを意識して選ぶ方がいいでしょう。

これらについては男性も同じですよね。男性でも「自分はブサイクだから…」と自分磨きに手抜きな人がいますが、よく見たらかっこよくなくても、清潔感のある服・髪や眉の手入れで「雰囲気イケメン」な男性はモテます。

ブス 基準 ブサイクな顔

ブスの基準/ブサイクな顔だから恋愛や結婚は難しい…と悩む女性も多いですが、本当にそうでしょうか?

街でみかける結婚している女性は全員が全員可愛いかと言えばそうではないですよね。

そうです、男性が顔で女性を判断する人が多いのは20代前半まで。(もちろん例外もいますが)

女性もそうであるように、男性も社会に出たり、いろんな女性と付き合ったりしているうちに、お付き合いや結婚への価値観も変化していきます。重要なのは顔ではない、と実体験から学ぶ男性も少なくありません。

顔が良くなくても性格が良い女性は、男性からも支持を集めることになるのです。

美人でも結婚できない女性がいます。モテるだろうになんで?と疑問に感じる方もいるでしょう。もちろんタイミングの問題であったり、理想が高すぎたりといろいろ原因はありますが、性格に問題があった場合、いくら綺麗で可愛くても恋愛・結婚対象からは遠ざけられてしまうのです。

ブス 基準 ブサイクな人

ブスの基準・ブサイクな人と思われないためにメイクで自分をガラッと変える方法もあるでしょう。

ただし、男性からしたらメイクでそんなに顔を変えられたら怖いんだけど…すっぴんはどうなっちゃうの?と思う方もいるので要注意です。詐欺メイクはその場しのぎでは使えるかもしれませんが、もし結婚を考えるほどの重要な相手だったら、素の自分を好きになってもらえた方が後々も楽ですよ。

しかし、メイクを勉強して印象を変える、という程度ならぜひやるべきです。垢ぬけ顔はパッと明るい印象に変えてくれますし、何より自分に自信がもてます。自信があると笑顔も自然に出てきやすいです。

他にも整形という方法がありますが、そう聞くと躊躇う方が多いでしょう。しかし、何も大きく変える必要はありません。自分が一重で目元の印象に自信がないのならアイプチより思い切って二重整形のプチ整形をしてしまうのも手です。

それにより自分に自信がつくのなら検討する価値はあると思います。

愛想がよく、にこにこ笑ってくれる女性こそ会ったときの印象は非常にいいです。モテる可能性もあります。

どうせブサイクだし…と自分を卑下することこそ恋愛・結婚が縁遠くなるので気を付けましょう。

ブス 基準 不細工

ブスの基準や自分が不細工だと気にして恋愛に臆病になる女性も多いですが、非モテの女性の場合、行動力に欠けていてこれまで恋愛や結婚がうまくいっていないケースもあります。

しつこすぎるアピールも大問題ですが、あまりにも相手に分かりづらいアピールや、1回・2回アプローチしただけで「やっぱり自分はダメだ…」と諦めてしまっているなら非常に勿体ないです。

見た目や容姿ではなく、もっと大切なものをきちんと見抜いてくれる男性もいますので、気になる人がいたらぜひ行動に移しましょう。

ありのままの自分で勝負するのが怖いということであれば、もちろん自分を変える努力も重要です。笑顔の練習や雰囲気を変えるメイクの練習など自分ができそうなことからやってみましょう。

ブス 基準 まとめ

ブスの基準をまとめます。

ブスと思っている人は、人から「ブス」と言われたというわけでもなく、自分で自分の評価を落としてしまっている人も多くいます。

しかし、実際はそんなに整った顔でなくても笑顔が素敵だったり、性格が良かったりすれば、女性として恋愛・結婚対象になることも多いのです。

実はマッチングアプリ等では綺麗すぎる女性を避けている男性って少なくないんです。それは綺麗すぎるプロフィール写真をあげている場合は業者であることが多く、それを避けるため…ということもあります。

また、わざわざマッチングアプリに登録せずとも綺麗すぎる女性は恋愛がうまくいくだろうに、ここにいるということは、高飛車だったり、わがままだったりと何かしら問題があるからだ、と感じて避ける男性もいます。

ですから顔面偏差値の高い美女を目指す必要なんて実はないんですよね。大切なのは卑屈にならず、自分に自信をもつこと。もてないならもてるための努力をする女性は輝いて見えるでしょうね。

【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのハピメのログイン・ログイン画面

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました